企業を成功させるためにやっておきたいこと

>

事業計画書とは何だろう

事業計画を立てる

まずは事業構想の骨組みについて、どのように事業計画書を記入して行けばいいのか、わかりやすくまとめていきましょう。

最初はプロフィールです。よく企業のホームページなどで見る、企業概要、というものです。
会社名、事業形態、代表者、所在地、従業員数など、創業者として経験、技術、起業の動機などを記入します。
次に将来のビジョンについて記入します。ここでは、しっかりと自分の思いのたけを書きましょう。融資していただくためにも、事業に対して融資や協力してもらうためにもとても大切な項目です。
次に事業の概要です。コンセプトをしっかり示し、どのようなサービスや商品を提供するのかなど詳細について説明します。それらの特徴と、販売方法や、提供方法、また、提供先、販売先のターゲットなど、いま社会の必要とされていることなど、事業の概要を分かりやすく説明します。また。将来の目標なども記入します。

具体的に事業内容を考える

事業内容を具体的に客観的な検証と裏付けデータを示していきます。 
初めに自社製品について、市場調査状況から、商品やサービスが売れる理由、優れている点などを記入します。
次に戦略を展開します。価格や、ターゲットについても明記します。ターゲットに対して、どのように商品を認知させ、アプローチをして販売していくか記入します。
次に仕入、生産方法について、仕入れ時期、計画的に安定して仕入れられること、支払いについても記入します。
そして事業を行うにあたりリスクについて記入し、また解決方法も記入し、商品の品質や競合商品について、自社製品の強み、弱みなども記入します。
次に人員計画です。組織体制、人員募集などの記入をします。その後、起業までのスケジュールを時系列に記載しておくと良いでしょう。
最後に、協力者、出資者を記入します。


この記事をシェアする